TOP > 施術師ブログ > 施術師からのお便り > 歩きスマホ ~ 踏み外し→捻挫と思ったら骨折

施術師ブログ

[投稿日] : 2017.01.16 [カテゴリ] : 施術師からのお便り [タグ] : 捻挫 / 歩きスマホ / 骨折

歩きスマホ ~ 踏み外し→捻挫と思ったら骨折

施術師 小口正雄(九段下店)
img_4086

みなさん、こんにちは。

いよいよ冬本番ですね。
東京でも少し前に雪がちらつき、風邪も流行っているようです。
必要なケアをして、冬を満喫しましょう。

さて、今回は「歩きスマホ」のお話です。

あちこちで報道もされていますので、歩きスマホの危険性はみなさんご存知と思います。

いわゆる「よそ見」の状態ですね。

よそ見での「踏み外し」「つまづき」は、受身反射が一瞬遅れ、体への衝撃が大きくなります。
特に、踏み外しは体重+勢いがかかります。

そのため、捻挫をした場合に骨折もしている可能性が大きくなります。

骨折をした方から「こんなに簡単に折れるとは思わなかった」と、よく聞きます。
そんなものなのです。足首や手首付近の骨は意外に細く折れやすいんです。

特に足首の場合は、捻挫と思って歩いてしまうと体重がかかるので、更に重症化する事があります。
骨折断面が筋肉や神経を傷つける可能性があるのです。

歩行中、捻挫をしたら・・・、
1.まず冷やす。
捻挫の腫れは、内出血等です。それを最小限にするために血管を収縮させたいので極力早く冷やします。
冷たい物なら、缶ジュースでも水でも良いですよ。
2.周囲の人にヘルプ
足首の時は、決して自力で歩かないでください。
周囲の人に助けを求め、救急車を呼んでいただきましょう。念のためレントゲンで骨折の有無を必ず確認してください。

大げさと思うかも知れませんが、より悪化させないためです、慎重に、慎重に♪
メニューを閉じる