TOP > 施術師ブログ > 施術師からのお便り > ■「冷え性」 ~ 冷えは万病の元

施術師ブログ

[投稿日] : 2018.04.16 [カテゴリ] : 施術師からのお便り [タグ] : 冷え性 / 肩こり / 自律神経

■「冷え性」 ~ 冷えは万病の元

手先、足先が冷たくて
「夜眠りにくい」
「仕事に集中できない」

また、
「疲れがとれない」
「風邪をひき易い」
「肩が凝る。おなかや腰が冷える、痛い」
などなど、冬だけでなく、エアコンを使用する夏も冷え性の方はその症状に悩まされていらっしゃると思います。


みなさん、こんにちわ。

今回は「冷え性」のお話です。


○冷え性とは
身体の他の部分は温まっているのに、手足や腰、下腹など特定の部分が冷えていることをいいます。

○症状
冷え性には様々な症状がありますが、代表的なものは以下の通りです。

・手足の末端が冷えるタイプ。
冬になると靴下を履いていても足先が寒い、手袋をはめていても指先が冷いなど外側から温めてもなかなか改善されません。

・「冷えのぼせ」タイプ。
手足は冷たいのに上半身や顔がほてってしまいます。

・お腹や腰まわりが冷える「内臓型冷え」タイプ。
手足が冷える末端タイプと違い、身体の内側(内臓)が冷えているため、気づきにくいこともあります。


○原因
「冷え性」には、自律神経が関与しています。
自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があります。
暑い時は、副交感神経が四肢末端や皮膚表面の血管を拡張させ、血液の流れる量を増やすことで外に向けて熱を逃がそうとします。
逆に寒いときは、交感神経が四肢末端や皮膚表面の血管を収縮させて熱の拡散を防ぎ、心臓や肝臓など重要な臓器が集まる体の中心部に血液を集めて、体温を維持しようとします。
そのため血液が行き渡りにくくなった手先や足先は、温度が下がるのです。

また、冷えは必要な熱を体内で作れないことが原因とも言われています。
熱を作り出すのに筋肉が重要な役割を果たしていますが、筋肉量の少ない女性が男性よりも冷えを感じやすいのはそのためです。

○予防法

「冷えは万病の元」。
放っておくと、血行不良による肩こり、腰痛の原因になりますし、女性の場合は生理痛や不妊などにもつながります。
そして、「抵抗力」も下がり、風邪をひき易かったりします。
大きな病気につながる前に、できることから冷えをとる対策をしてみてください。

•食事
一日3食。起床時は一日の中で最も体温が低いため朝食は特に大切です。体温を上げてくれます。
•運動
ウォーキングなどの全身運動、睡眠前のストレッチなどが有効です。筋肉をつけても冷えは改善するので筋トレも良いです。
•入浴
半身浴を、15分から20分くらいを目安につづけてください。
湯船につかるとリラックス効果もあり、自律神経を整えることにも効果的です。
• ストレス解消
仕事が忙しくていつも緊張状態になっていませんか?
心身の緊張は交感神経を活発にし、冷えの原因となります。
息抜きの時間を作って自律神経のバランスを整えましょう。

(施術例)
当院では、マッサージや鍼施術で筋肉の緊張を緩めたり血流を良くすることで、副交感神経の働きを活発にして冷え性を改善させます。
特にクリームを使ったフットマッサージは、足だけでなく全身がぽかぽかしてきます。
また、お灸を使って冷えた手足を温めたり、自律神経の調整を行います。

*自律神経のバランスを整えるには3か月を1クールと考えてください。
施術により一時的に調子が良くなる事はありますが、安定させるまでには少し時間がかかります。
効果には個人差があります。


  (まとめ)
「冷え性」は病気ではありませんが、実際にはその症状で日常生活に支障をきたしている人がたくさんいます。
洋服や食事には気を使っている人も多いと思いますが、マッサージなどでリラックスしたり、ストレスを上手に発散したりすることによって冷えが改善できる場合もあります。
ぜひ当院の施術をお試しください。

メニューを閉じる